2015年06月20日

胸が大きくなる方法と筋肉の関係って?

胸が大きくなる方法には様々あり、その基本的な考え方にも大きな違いがあります。

例えば、お相撲さんが大きな胸なのは誰もがご存知でしょう。あれは女性と同じように胸に脂肪が付いているからですね。

また、ボディービルダーの男性が大きな胸をしているのも見たことがあると思います。あれは大胸筋という胸の筋肉が発達した結果です。

つまり、脂肪がなくても大胸筋を発達させれば胸は大きくなるという考え方が一つあります。
ですから、胸が大きくなる方法の中には、この大胸筋を鍛えるためのものも昔から販売されていますね。

それに、胸を大きくするために大胸筋を鍛えるエクササイズも色々と提唱されています。
大胸筋を鍛えると、バストが垂れるのを防ぐことができるので、逆に胸の大きな人が行うケースも多々あります。

大胸筋を鍛えるバストアップの問題点は、胸に筋肉をつけるという点です。
ダイエットをしたことがある人はご存知でしょうが、筋肉は脂肪を燃焼させます。

そのため、お腹の脂肪を取りたければ腹筋を、腕の脂肪を取りたければ腕の筋肉を鍛えます。
なので、胸の筋肉を鍛えるとバストの脂肪を燃やしてしまうという事になります。

勿論、男性とは構造的な違いがありますが、脂肪で大きな胸がお相撲さんの胸だとしたならば、筋肉で大きな胸はボディービルダーの胸ということになり、形が随分違うことがわかりますよね。

ですが、一般的には大胸筋を鍛えると胸が垂れるのを防止する効果があるだけでなく、胸の形も良くなると言われています。


posted by まお at 00:18| Comment(0) | バストアップ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。